月刊しゅん > 月刊しゅんスタッフブログ > これぞ夕焼け

月刊しゅんスタッフブログ月刊しゅん編集部による十勝の情報が満載です。メジャーな情報から穴場の情報まで幅広くお伝えします。

今日いつも以上に夕焼けが綺麗だったので、会社の屋上に上がり、写真を撮りました。

IMG_1026

 

普段は全く気にしていませんでしたが、ふと「夕焼けってなんで赤いんだろう?」と思い調べてみると、

 

太陽の光は白っぽくみえますが、実は赤い光から青い光まで色々な色の光がまじっているのです。つまり太陽光の中でも波長が違うのです。
太陽光の空気層を通る距離に関係があります。太陽は沈むにつれて、太陽の位置が私達の真上から横に移動します。そうすると、太陽光の空気層を通る距離は、真上に比べて横の方が距離が長い為、いままで細かいチリの間をすり抜けてきた波長の長い赤い光も、細かいチリにぶつかり散らばり始めます。青い光は波長が短い為、遠くまで光は届かず、私達には赤い光のみが散らばった空が目にうつるので、夕焼けの空が赤く見えるのです。(引用:富士通研究所)

だそうです。

理科の授業で習った気もしていますが、完全に忘れていました。

もう一度勉強し直すと、しっかり理屈がわかって面白いかもしれませんね。

この記事をシェアして友達に伝えよう!

»一覧を見る