月刊しゅん > 月刊しゅんスタッフブログ > 十勝の銘菓初体験 バナナ饅頭篇

月刊しゅんスタッフブログ月刊しゅん編集部による十勝の情報が満載です。メジャーな情報から穴場の情報まで幅広くお伝えします。

こんばんは。しゅんの作業もクライマックス・ジャンプなおーにしです。

さて、みなさんは池田町の銘菓「バナナ饅頭」を食べたことがあるでしょうか?

今年で111周年を迎える、道東最古のお菓子と名高い銘菓です。

先日このバナナ饅頭が撮影に必要になり、帯広駅のエスタをさまようこと5分。

「あれ…ない?」と脳内では池田への移動時間をすぐさま計算し始めましたが、

一旦落ち着いて駅に電話で問い合わせてみると、

「帯広駅にはセブン-イレブンか四季彩館にある」とのこと。

思い返してみれば、確かに駅構内のセブン-イレブンの入り口近くの一番良い場所にありました。

早速購入。そういえば、編集部にいる道外・管外出身者はこの存在を知っているのだろうか…?

と思い立ち、編集部でこのおやつを食べてみることに。

今回バナナ饅頭にチャレンジしたのは、大阪出身のIさん、苫小牧出身のKさん、別海出身のAさんの3人。

Q.食べてみた感想をどうぞ

A.

Kさん「どこか懐かしい味がします」

Aさん「バナナの風味がダイレクトに伝わってきます」

Iさん「和バナナって感じです」

 

和バナナ…?

噛まずに10回連続で言えた方は編集部までご連絡ください。

DSC_3731

 

この記事をシェアして友達に伝えよう!

»一覧を見る