帯広・十勝の情報誌【月刊しゅん】 > 帯広・十勝の店舗情報 > 帯広・十勝の健康 > 帯広・十勝の病院 > 大江病院

大江病院

大江病院

心とこころのふれあいがある

 「心の病や障がいをもつ方々の存在を、社会的存在として認識しよう」ということ、これは病や障がいをもつその人の望み、希望です。その希望を叶えるために、本人やその家族と医療や福祉の専門職が協働し、そしてボランティアや多くの方達の協力が得られています。その方向に照らす明かりを灯してくれている多くの方達の寛容により、現在の帯広十勝の精神保健福祉医療があるものと思います。

 当院は、昭和44年の開設以来、子どもからお年寄りまでさまざまな年代の方々の心の問題に取り組んでいます。その方々が生活していけるように、当院の職員が地域の専門職やボランティアと連携し、社会参加が成し得ています。

 私達は、多くの方々に適した対応をする様に心がけ、「障がいはその人の一部であり、その人の全てではない」という考えを基調に、「自分や家族が障がいを持ったとしたら」という、障がい者やその家族の立場になって共感し、愛他心が育まれる社会になるよう、少しでも寄与したいと思っています。

※掲載されている画像、文章の無断使用や転載、配布を固く禁止いたします。

この記事をシェアして友達に伝えよう!