帯広・十勝の情報誌【月刊しゅん】 > TOPICS > 十勝の子育てママを応援 > X’masにおすすめ 年齢別おすすめ絵本①

TOPICS月刊しゅんスタッフによるWEB専用コンテンツ。十勝がもっと好きになる情報満載!

X’masにおすすめ 年齢別おすすめ絵本①

子どもはお話が好き、絵本が大好きです。
絵本を通して親と子が心を通い合わせるひとときを過ごしませんか。
プレゼント選びの参考にもぜひどうぞ。

0~2歳
大好きな人に絵本を読んでもらうことは、成長にとって欠かせないもの。遊びながら本を読むことで感情が豊かに育っていきます。

「クリスマスおめでとう」
クリスマスの本当の意味を伝えたい、との作者の思いから生まれました。クリスマスってどうしてお祝いするの?という子どもたちの疑問に答えながら、イエス様のことだけではなく、望まれて生まれてきたことへの幸せを感じさせてくれます。
作:ひぐちみちこ
こぐま社

「クリスマスえほん」
ページを開くと、クリスマスツリーやクリスマスケーキの絵が立体的に飛び出してくるしかけ絵本。サンタさんが煙突から入ってきてプレゼントを配ったり、クリスマスのできごとが楽しめるので、当日が待ち遠しくなりますよ。
絵:わらべきみか©おもちゃ箱
小学館

 

3~5歳
少し大人から離れて、友達との時間が多くなっていくとき。周りの人を意識して心が大きく育っていくときに読んであげたい絵本です。

「よるくま」
お母さんをさがすよるくまといっしょに夜の町に出かけた男の子。よるくまの気持ちがママと離れて自分の世界を少しづつ広げていく子どもたちの不安や寂しさと重なります。読み終わったあとお子さんを抱きしめてあげて。ママの愛情が伝わるように…。
作:酒井駒子
偕成社

「おおきくなるということは」
大きくなるってどうなる事なのでしょう? 背伸びができてできることが増えて人に優しくすることを覚えて…。子どもたちの成長をお父さんお母さんも一緒に感じてください。「うちの子、こんなに大きくなったんだ」と。
作:中川ひろたか  絵:村上康成
童心社

 

小学校低学年
学校に行くようになると、自分の世界がどんどん広がっていきます。心と体が大きく成長していく時に少し内容の深い作品にもふれてみることをおすすめします。

「ルルとララのクリスマス」
町にクリスマスの音楽が流れるとみんなワクワク。ルルとララもシュガーおばさんからお菓子作りを教えてもらいます。小学生でも作れそうなクリスマスにぴったりのレシピが載っていて、親子で楽しめますよ。
作:あんびるやすこ
岩崎書店

「サンタクロースっているんでしょうか?」
サンタクロースっているの?という一度は耳にしたことがある質問。その質問にピタリと答えた人がいます。目に見えるものだけではなく、信じることが幸せなんだと気づける一冊です。
訳者:中村妙子 画家:東逸子
偕成社

本を紹介してくれたのは…
ザ・本屋さん 斉藤さん

※十勝の子育てママを応援するフリーマガジン「ぺこぐぅ」より抜粋

この記事をシェアして友達に伝えよう!